洗濯物を干していて – 熱中症Lab
▲ TOP
五良平さん 男性 70代 自営業 仕事中 屋内

洗濯物を干していて

かみさんは美容業を営んでいます、猛暑の続く先日午後(4時頃?)、お客様が帰ってからタオルを洗濯し、2階の全面ガラス張りの物干し台に上がり洗濯物を干していた。その時「異常な高温を感じ気分が悪くなった」がそのまま作業を続けた。

その後営業を閉じ、夕飯の支度をするため母屋に戻ったが、支度をせずに直ぐ横になり、「どうも身体の調子がおかしい~」と言うので、まさかの熱中症と思い、急ぎタオルを冷水で浸し、絞ったタオルを首に巻き付け更に脇にも差し置きし、その動作を繰り返す事数回。その後暫く様子を見ていると段々顔の血色も良くなり普段の調子をとりもどした。この間一時間強。

※個人の体験談に基づいた記事内容となります。