富士登山に向けた夜間トレーニングで – 熱中症Lab
▲ TOP
あじさいさん 男性 20代 その他 運動中 屋外

富士登山に向けた夜間トレーニングで

夏休みを利用して富士登山を計画しました。その練習として勤務後に夜通し歩いて体力を付けるトレーニングを敢行しました。富士山を意識したトレーニングのため重装備と最小限の食料で望みました。

最初の1時間は余裕で歩けましたが、2時間、3時間と時間が経過するにつれ体がだるくなり3時間30分位で気分が悪くなりました。スポーツ飲料でも体調は戻らず途中でリタイアすることになりました。もっと前もって熱中症予防していればよかったと反省しています。

※個人の体験談に基づいた記事内容となります。

メッセージ

博士

“熱中症”と聞くと、「炎天下でかかるもの」と思いがちですが、夏の夜は寝ているだけでも脱水症状を起こすことがあり、夜のトレーニングも安心は出来ません。
大量の汗をかくことで、身体から水分や電解質等が失われていくので、水分及び電解質をこまめに摂取し、適度な休憩を取ることも大切です。